金八先生で・・・

次回のシリーズは
解離性人格障害と自閉症の2生徒がメインだそうです。

・・・大丈夫なのか?第6シリーズみたいに話がばらばらにならないことを祈る。
ってゆうか、よっぽど頑張らないと難しいよ・・・

ただ、解離性人格障害と自閉症を併発してしまったという手記は
私も複数読んだ事があるので、メインキャラ二人を絡めるということが
もしかしたら可能かもしれないけど・・・

だけど、自閉症の生徒って、カナーなのかアスペなのか気になります。
(アスペの漫画はもう一回ちゃんと描いてみたいなって思ってるんで、
現在も勉強中なのです。)
[PR]
# by kuremaru | 2004-09-05 11:09 | ジャニーズ

蛇と書いてジャと読む

カクテル=たまにしか飲まないが、とてもおいしくて私を酔わせるもの。
それで「ジャ」といえばもーそれっきゃないでしょう

というわけで今日はジャニーズ話。

夏は知る人ぞ知るジャニの季節。
夏休みを当て込んでか、多くのグループがコンサート・舞台をやっています。
そして今年は、コンサートとも舞台とも言いがたい摩訶不思議なステージ
「SUMMRY」がありました。

しょーじき、見に行くかどうか、悩んでいて(風間が出ないんで)、
申込時期を逃してしまったのですが、
同人仲間に誘われて、行って参りました~☆(ありがとOさん!!)

いやあ。行ってよかったです。目の保養・心の洗濯~

というのも、コンサートというのは、横浜アリーナだったり、ドームだったり、
お目当ての人物を裸眼ではっきり見られるのは限られた人たちだけ。
ところがこの「SUMMRY」は、大変小さい会場で、一番後ろでも
双眼鏡が要らない近さ。しかも、一日2公演で8月いっぱいという回数の多さ。

しかも、誘って頂いた席が非常にいい席で、
教室で言うなら、まんなか辺ぐらい。
いつもテレビで見ている人たちがすぐそこに見れました!
おまけに、目線がちょうど合う高さで、なんかどーゆー顔して見たらいいのやら、
変な汗が出ました(笑)

内容は、次から次へという感じで濃いのですが、
ジャニーズJrの面々が次から次へと登場し、歌い踊り、そして舞う(爆)
・・・いやまじで舞うんですよ、ワイヤーで吊られるだけじゃないんです。

12人もの、見目麗しい少年達が、いっぺんに吊られて、頭上をくるくる、
遊園地の回転ブランコ(ブランコがぐるぐる回るやつ・・・わかるかなー)の
ブランコのごとく、容赦なくぐるぐる回ります。
キラキラ衣装がひらひらして、もう、現実感が一気にぶっ飛びます。

それから、特にアクロバットを得意とする少年達が、
サーカス団員のごとく、スゴ技を繰り出します。
私は一芸に秀でるタイプが好きなので、アクロが出来る子はもともとお気に入り。
そんな彼らが、空中ブランコ技をきめたり、
頭上から降りてきたオビみたいな布(?)にしがみついて、
一人でぐるぐる、コンビでぐるぐる、片手でぐるぐる・・・たまりません。

おまけに、やまぴーまで、まわっちゃうんですよアナタ!

わからない人のために説明すると、
やまぴーとは・・・最近デビューしたNewSというグループの真ん中で
別格扱いでキラキラしている美少年・・・正直言って、ただ舞台の真ん中で
つったってるだけでも、多くの乙女が悩殺される(爆)人物です。

それがアナタ、
やっぱりオビにしがみついてグルグルまわっちゃう。

ビックリしました。
そこまでやるか・・・と正直思いました。
でも、そこに、やまぴーの男の意気を感じました。
・・・ううう、美しいのもある種、一芸だわ・・・ビバやまぴー!!

そんなわけで、完全に異世界に迷い込んだかのような2時間強。
浮世のつれづれをすっかり忘れ去り、楽しんできました。
正直、子供も連れて行ければと思いました。
(うちの子供ら、仮面舞踏会をそらで歌えます(爆))
一発で洗脳できること間違いなし(何にだよ)。

いやはや。

ただ、やまぴーが風間や斗真君とおそろいの衣装で
NewSとして歌ってたのは、正直、涙出ました・・・

Jrの全員がデビューできるわけではありません。
組まれたユニットがばらばらにされ、それぞれ一芸を生かした
ふさわしい道に進んでいけることが幸せかもしれません。

ただ、幼い時の、先輩達の後ろで踊り歌う姿になじんでいたFANには
もうそれが見られないのがやっぱり寂しいです。

SUMMRYはジャニーズの歴史を振返る舞台でしたが
ジュニアの歴史を・・・人生の山あり谷ありを振返ってしまった西でした。

♪をーををーさー輪になっておどろー
                  らららららー夢をかなえるよ~♪
[PR]
# by kuremaru | 2004-09-01 21:49 | ジャニーズ

漫画って、描くのも読むのも、仕事も趣味も、
とにかく毎日何か関わってる私の基本なので、「ライス」。

本当は、義仲をライスにしようかと思ったんだけど、
仕事が忙しいと義仲のことは何にもしない日はあるので、
そちらは一番の好物の「カツ」にしました。

昨日はコミティアというアマチュアコミックの祭典(といえばフツーの人にもわかるだろうか?)
に行ってきました。

最近注目している、平家物語をモチーフにした作品を描かれるサークルさんの
美しいカラーイラストを堪能し、
地元の史跡めぐりをされているサークルさん(しかも、坂東武者!!)に新たに出会い、
いろいろな刺激がありました。
そうそう、古典芸能を調べた時に見つけて気になっていた
「頼豪阿ジャリ怪鼠伝」の本が出ていたのは超ビックリしました!
(義仲の子清水冠者が鼠に変身するというすごい話なのです(爆))

いやービックリするような本がありますコミティア。だからやめられないなぁ。
私も新しい作品を描きたいなぁ~

と思いつつ、お仕事ネームを今日も描くのでした。
[PR]
# by kuremaru | 2004-08-30 12:17 | 漫画家

ぶろぐはじめました

私、いつの間にか眉間にしわ寄せまくってました。

つい悪い方に暗い方に考えていることが多かったみたい。

「反省しないと進歩できない」
そんな考えだったはずなのに、

いつの間にか、自分でどうにも出来ないこととか
自分が考える必要のないことまで
つい悪い方へ暗い方へ考えていたような気がする。

そして気がつけば眉間にしわよりまくり。

そんな日々にフト気付いて、最近は口癖のように

「ゆるくゆるく」

と思うようにしはじめました。

そして、「ゆるく・たのしく」日々を見つめて、
書いていかれるように、ぶろぐは「ゆるるる」という
タイトルにしてみました。

・・・なんて、本人は結構な毒女なので、毒はかずにいつまで続くのかは謎・・・

とりあえず、巴が渕のイメージをセットして、
渕に行くといつも感じるマイナスイオンを心に浮かべて綴りはじめます。
[PR]
# by kuremaru | 2004-08-29 01:09 | まったり