☆漫画家西川かおりのシュミのブログです☆


by kuremaru
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2004年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

仕事仕事・・・

上がった原稿を持っていったら
また一つ仕事が・・・

先月、アシスタントに行っている先生のとこで
「年内あと5本ですか・・・」
と感心しながらつぶやいていたのが・・・ぎゃふーん
(さすがに先生とはページ数が大幅に違いますが)

がんばろう・・・
[PR]
by kuremaru | 2004-10-31 01:35 | 漫画家

原稿中・・・

今日1本あがる予定・・・
来週末1本あがる予定・・・

にわかに週刊漫画家状態・・・

仕事仕事・・・
[PR]
by kuremaru | 2004-10-28 09:59 | 漫画家

ただかくかく

働く主婦の敵・・・それは家族の病気・・・
(でも、30の声を聞くと、主婦に限らず、病気は一気に身近になるような気もする今日この頃。みなさん、健康は基調で貴重です。)
突発的な入院騒ぎで読書会も危ぶまれたものの何とか顔出しに行き、
現在遅れを取り戻すべく、ひたすら下書き中・・・

あまりの忙しさに風間氏が出ているバラエティ、ドラマ(再放送)を見損ない、
そんな自分が悲しい私。
あんたファンじゃないのかよ・・・ううう・・・12月は劇場に通ってやるー
とはいえキンパチはみましたよ。八乙女君・・・見直したわ。

ああぁ。でもいいの。今回3頭身が6頭身に進歩したから。
(殺しモノを3頭身で描く事になったらどうしようかと内心ひやひやしとったのですばい)
がんばろう・・・
[PR]
by kuremaru | 2004-10-20 00:01 | 漫画家

やばいよやばいよー

今回初の「殺しモノ」にチャレンジ中の西。
・・・いや、刀で斬った、矢で射たとかはあるんですがね、
女同士のどろどろとかははじめてなんざんすよ・・・

ううう・・・予想外に難しい・・・
間に合うのかコレ。今週は読書会もあるのにー・・・
でも、読書会後のお楽しみのために、区切りのいいとこまでやるぞ。
がんばー!
[PR]
by kuremaru | 2004-10-14 01:05 | 漫画家

ぼちぼち

進んでます。原稿。
とろとろとですが・・・

打ち合わせにも行ってきたのですが、3本分やったので、頭がうにになりました。
あはははは1本増えてるよ・・・はははははははは
[PR]
by kuremaru | 2004-10-09 23:12 | 漫画家

しまった・・・

企画展自体の事を書いてませんでした(爆)

「中世信濃武士意外伝」では、義仲唯一の自筆といわれる花押(市河文書)が見れます。おおらかな性格が伝わってきそうな感じの筆跡にお見受けしました(爆)
ああ義仲様~ウットリ。

それから、義仲の合戦屏風が見られます。
しかも、長野県立博物館と、国立歴史民俗博物館の屏風の
コラボで得した気分!
・・・かつて国立の屏風は全部を見たことがあるのですが、当時と今では
見るところが全然違う自分に苦笑・・・

昔→キャー義仲様よー兼平が自害すすめてるー!!
今→ここの鎧の描き込みは・・・うーんこういう省略もありか、なるほど・・・

なんだか、すれた自分がいやかも・・・ 

すっかり史学科視点がどこかへ行っちゃって、絵師視点となってしまっている自分は、他の展示物も、絵画中心に拝見しました。

蒙古襲来絵詞は絵が大きくて見やすいです。じっくり見ると面白いですよ。よく資料集とかに出ているのと同じ内容ですしね。

結城合戦絵詞の方は、私としては「奥州合戦の絵巻に似ているな」
という印象を受けました。

結構いろいろな合戦屏風とか絵巻物は見ているのですが、
「動きを描こう」という意図をもって描いてる「奥州合戦」のものが
一番わたしは好きです。
・・・というか、合戦漫画として「あの世界観を再現したい」という憧れの絵巻なのですが、「結城合戦」の絵詞からは、それに近い感覚を受けました。
やっぱり、鎧は動かさないとさあ。出そうよ躍動感。みたいな気迫を(笑)

うーん躍動する馬、翻る鎧。これですよ。合戦は。(意味不明)


さておき、
歴史館には三日も通ってしまった私ですが、オススメのお食事を。
まずは、
歴史館のレストランでは、学芸員の皆さんが知恵を絞った
「武士の再現食」を食べることが出来ます。
ほうとうとほしいいなのですが、ほうとうはどんとボリュームがあり、
武士が好みそうな骨太な感じです。
(だけど・・・今気がついたんだけど・・・かぼちゃ入ってたんですが、
それは歴史考証的にはいいのでしょうか・・・?)
ほしいいは、実は近年まで食べられていたものとのことで、
コーンフレークみたいでとてもおいしかったです。

また、歴史館のすぐ近くには「あんずパーク」という?お休みどころがあり、そちらのレストランでは「おしぼりうどん」というのを食べられます。
それは、大根のしぼり汁に自分で好みの量の味噌を溶かして食べる・・・
というもので、私は初めて食べました。美味しかったですよ~!!
うちの親の話によると、更埴に伝わる郷土食とのことです。
「せっかく出かけたのだからめずらしい物を食べたいわ」という方、
チャレンジしてみては?

そんな感じの長野訪問でした。
歴史館のイベントは手作り感覚あふれる楽しいものでした。
まだまだ期間はありますので、皆さんもぜひ足を運んでみて下さい☆
[PR]
by kuremaru | 2004-10-06 11:17 | 源 義仲
ここのところ頑張っておりました「まんが展」の準備がやっとできました~
これまでになく広いスペースでの展示で、多めに用意していったのですが、
それで正解でした。
(つうか、もっとあっても良かったかも・・・新作間に合わなくてごめんなさい)

一つ「しまった」と思ったのは、覚明の漫画を展示しなかったこと。
企画展の方では、パネルがあったので、漫画版もあったら面白かったかな・・・
でも、企画展で触れられてない「四天王」や「巴」ものをフォローできたから
まあいいか・・・な?

あと、横田河原合戦の戦地と歴史館が近くなので、「横田河原合戦」の漫画から
伝承で伝わっている内容を再現したページを展示しました。

とはいえ・・・ストーリー全般は井上氏の娘が活躍する西川版オリジナルなので、
「赤旗の奇策」のページは展示するかどうしようかと思ったんだけど、
「これがなきゃ横田河原じゃないよなぁ」と
一応展示してみました。
それから作画メンバーの小林君作の「六万の軍勢」は必見ですので、
ぜひ見てくださいませ。正直、合戦屏風にも負けてない細かさです。


その他
自分的には、広いスペースもあるし、「地図発想法(?)」の実践を見ていただきたい
と思っていました。
「地図発想法」・・・それは何かと言うと、
義仲の漫画を書くとき必ずやっている作業で、細かい伝承を付箋に一つ一つ書き、
大きい地図にバラバラと貼り付け、全体を眺めると言うこと。
(HP上では他に詳しい方のHPもあるので、かぶるのもなんだし、
 伝承をほとんど公開していないのですが、私も個人的にかなりの量を集めています)

私はこれをやると、具体的な義仲の行動や戦の展開が思い浮かぶのです。
(とはいえ、漫画としてはこれまでテクニック不足で、いまいち面白い作品に
できてなかったのですが(涙))

それを体感してもらえれば・・・と思っていたのですが、
・・・長野県全体をやるのは広すぎました・・・(爆)・・・つうか早く気づけよ自分

とりあえず、横田河原は、それなりのマップを展示できましたが、
全体図は、遠足で来る小学生向けの雰囲気版?となってしまいました・・・トホホ
でも、一見して義仲の足取りはつかめるかな?

また、何かの機会があれば、詳細な伝承マップもお見せしてみたいです。

「木曽義仲伝承まんが展~西川かおり作品展」
長野県立歴史館(長野県千曲市)にて
10月2~11月14日まで開催中~!
お近くの方、長野へご旅行の予定がある方、ぜひお立ち寄りくださいませ~

b0017749_20541145.jpg


今回「まんが展」を企画していただき、
自分の義仲に対する取り組みについて、じっくり振り返ることができ、
いろいろ思いを新たにしました。

ここんところ、義仲の漫画を書くといっても、ネーム(まんがの元みたいなもの)
までしかやっておらず、ペンまで入れた作品を書いたのは1年半以上ぶりだったのです。
なのに、
作画メンバーの小林君は、何の資料も見ずに、私がいれたテキトーな武者に
下書き無しでバンバン鎧を着せて描けちゃうんです・・・
作業工程を見せたいくらいすごいです。

私も、バリバリつやベタ(髪の毛のキラキラのこと)入れまくりました。
やっぱり燃えました。

しばらく、「ご近所」に集中しますが、
それが終わったら、ちゃんと義仲漫画を描きたいです。
[PR]
by kuremaru | 2004-10-03 21:54 | 源 義仲