フランス人とかスティックとか城とか

はあっ!気がついたら4か月も更新していませんでした…スミマセン。
その間何やってたかというと、言わずもがな、まずは原稿ですね。
本当におかげさまで皆さんに読んで頂き、幸いにも連載は順調に続いています。
ありがとうございます。
ますます頭が変な漫画を楽しく描いておりますので、まだまだお付き合い下さいませ。

そして!
漫画の合間になにをやってるかっていうと…


一昨年の夏~秋、
応援している4人のジャニーズのタレントさんたちが
バランバランにコンサートや舞台をやられ、
3か月の間に9公演足を運んだことがあったのですが…


今年の2月からまたそれが再来w


2月 風間様 3月 薮様 4月 滝沢様 5月 薮様 翔央様

と…言う状態…

うれしいんだけど…もうチョイバラけてくれればいいのに・・・とか言いつつ
結局、それぞれ見るたび感動を覚える日々でございます。

2月の風間様はマジですごくて。
浅丘るり子さんや渡辺えりさんといったそうそうたる女優さんたちとの共演だったのだけど、
ジャニ舞台では 汚れ役、コミカル担当 みたいなイメージの風間さんが

カザマ☆ド☆イケメン☆フランセーズ

に大変身!!!

さわやかな身のこなしに、美しく染め上げられた金髪…
ちょ・・・イケメンパラダイスの方ですか!?といいたくなるような色男ぶりにどびっくり!!!

去年の演舞城では、悪の大名からかわいいお小姓?まで、
歩き方一つで演じ分けたその演技力が、
「イケメンを演じる」ということにいかんなく発揮され、
長年カザマニアやってますが、
あらためて風間さんは本当のプロだなと感動しました。

すごすぎます。
どんな役も演じ分け、でも、風間節は忘れない。
ほんとうにすごい俳優さんです。
ショック以降風間さんが出ている舞台はすべて足を運んでいますが、
どんどん演技を極めていく風間さんから目が離せません!


3月の 薮様は
今、まさに羽化する蝶って感じで、技量そのものより、その進化を楽しみに
3回も見に行ってしまいました…。

正直言って、かなりの薮様ファンの自分でも、
舞台の3番手はきついだろうと思っていました。
でも、
初日に合わせてカツゼツを美しく直し、
複雑なダンスもできる限りのベストを尽くして踊っていました。

これはいけるかも!!と薮様の頑張りにほっとして、
2度3度と観ると・・・
わずか一か月の間に、感情をのせてセリフを聞かせるようになり
ダンスは信じられないほど流れるように美しく、
得意のスピンはスピードがかなりまして…
3番手にふさわしい風格が備わっていました。

あまりの進化にびっくりし、そして感動しました。
…ほんと小さい時から応援してたからねえ・・・

風間さんとかは最初から凄かったから・・・こういう感動は初めてでした。
薮様、もっとすんごくなって下さい!!


そして
4月・・・桜の季節の演舞城です☆
今年は薮様がいないのがちょっぴりさびしいなあと思って出かけたんだけど、
あの
演舞城のオープニングが流れたら、ミョーにテンションあがって、
本当に楽しく観てきました!

やっぱりねえ…あの和とジャニーズのきらびやかな世界がたまらないの。
サイコー!!!

あとは・・・2006年3月25日の公演を目撃したものとしては…
演舞城そのもののファンになってしまうよね。
タッキーの覚悟とジュニア達の涙・・・ジュニア達がどんなに変わって行っても
タッキーの城がある限り、例え義経が演目から外れても、きっと毎年足を運ぶと思う。
演舞城大好き。タッキー頑張って下さいませ!!!


今年はこれまでの内容を踏まえて、全体に整理したなあという印象。
第一部は、
これまでは
「ジュニア大集合」みたいな雰囲気と、たたみかけるような大量の日本の昔話が減って、
演目的にも、人材的にも少数精鋭って感じで、見ごたえがありました。

演目は今回追加された「滝沢歌舞伎」の質が高くてビックリ。
タッキーすげえ!!
その分フライングが減ったけど
他の人もやっているフライングより、タッキーにしかできない演目の方が
絶対いいと思う。
「滝沢歌舞伎」も含め、今回はタッキーの見どころが本当に多くて大満足。
しいていうと・・・歌が少なかった気がするのは残念。

タッキー以外では
群舞とかダンスのレベルがとても高かったです。
ダンスのレベルが高いと、見ごたえがあるのでその点はとてもよかった。
新しいジュニア君たちにはジュニア君たちの演目があって、
初々しくてすごくよかった。
無理にダンスに混ぜるとかするよりこの方が好感もてました。


第二部は・・・
おなじみの「義経」で、去年あまりに衝撃を受けたからあんまし期待しないで行ったんだけど

去年と基本的なシナリオがそのままw

北山君が悪役って言うのですごい楽しみにしてたんだけど
思いのほか出番が少なくて、役名も不明(たぶん北条氏ではあるんだろうけど)
そこが残念でした。

ただまあ、北山君の役を作ってわかりやすくなったのは確かだし、
タッキーの頼朝役は去年とはぜんっぜん違って、はっきり言って見どころの一つに進化してました。
…いっそ頼朝の舞台もやってみたらどうですか?面白いような気がします。

あと、
今回追加されたラストシーンは、本当にものすごかった。
これから見る方が読むとなんなので書きませんが、
静から動への切り替え、吸い込まれるように見ました。


タッキーは本当にすんごい役者さんになったねえ・・・
生で観てさらに感動・・・。



ただ一つだけ難点を言うと、
このシナリオには最大の弱点があって・・・登場人物全員のキャラがたってないんだよね。
タッキーに思い入れがあるか
藤ヶ谷君に思い入れがあるか

見え方が全然違う。

正直言って藤ヶ谷君の弁慶は説得力が足りない。
どうして弁慶が一の家臣なのか?
わかりきっていることだからそれでいいと飛ばすのではなくて、
どうして一の家臣なのかというエピを加えてみせるべきだと思う。
藤ヶ谷君がもっと弁慶らしい体格をしているなら話は別だけど、
あまりに一般的な弁慶像とちがうから、
義経目当てに来た人や、ジュニアに詳しくないタッキーファンの年配の人とかには
「え?この子弁慶??」て思われていると思う・・・

その辺り、来年もこのシナリオにするなら、よく考えなおしてほしい。
07の義経は徹底的に義経と弁慶を立てる三郎(風間)がいたから成り立っていた演目だから、キャストがかわるのなら、不足する部分を足さなくては。
いや、トッツーはほんと頑張ってました。よくやってたと思う。
でも・・・風間の変わりは誰にもできないよ・・・天才だもん・・・
だから、
その分はシナリオ、補ってほしかったです。


心配していた殺陣については去年よりはずっと良かったですv
もうすこし刀に重量感を出せるといいんだけどね。(腰を落とすといいと思うの)

あとタッキー
ぜひ源平合戦の頃の本を読んで勉強してほしい・・・
いろんなことが詰まったすごい時代だから・・・



ぬお!長くなった!!
とりあえずこんなところで!
[PR]
by kuremaru | 2008-04-12 02:24 | ジャニーズ