またもや久し振り…

またまた間が空いてしまいました。
そして過去を振り返ると一目瞭然…

演舞城に行くと必ず更新している…w
どんだけ城ファンなのか?と


というわけでここ数カ月のいろいろ観劇記!

まずはもちろん
「ロミオとジュリエット」

翔央がメインの一人で出るんだもん。超ワクワクしながら見に行きました。
意外と一般でチケットが取りにくかったようですが、
平日狙いで電話したら子どもも含め4枚普通に取れました。
でも
恐怖の最後列…w

でもでも
ビバ☆グローブ座!3階で見るのはじめてだったんですけど超良く見えました。

で、感想は
とにかく
翔央が色気があって…ドキドキでした。
紫色の衣装がすごく似合ってて、度肝を抜かれました。
あと身体能力にびっくりしました。

長年見てきたけど、最近とみに思うのは
翔央の売りは吸収力と身体能力だなってこと。

たぶん、練習?というか稽古?で、いろんなことをどんどん吸収しているんだと思う。
見るたび新しいことに挑戦してて、なおかつ、プロとして恥ずかしくない仕事になってる。
ロミジュリでは
目立つところでは「自分とは違う役」「フェンシングアクション」
地味なところでは格式高い舞台にふさわしい「立ち」「止め」「発声」に挑戦してた。

これらを支えているのが、身体能力の高さで、
とにかく舞台に上がっているときの姿勢の美しさ、見得でのポージング、アクション、
どれも素晴らしかった。
発声は私が見たのが中盤までだったから物足りないものもあったけど、
公演の終わりの方できっと進歩していただろうと信じたい。

とにかく、
翔央については、見るたびほんと芸の引き出しがどんどん増えて行くので
感動する。
さらにいろんなチャレンジの場を与えてほしいし、ずっと見ていきたい。
近い将来何人かの中の一人じゃなくて、山下翔央という個人で売れる子になると思う。



お次は「カゴツルベ」
風間さん目当てに見に行きました!

安田君がこんなにすごいとはまったくノーマークで、びっくり…!!

正直…号泣の嵐。


安田君については、カンジャニに疎い私は
「いつもニコニコしているかわいい子」という印象しかなくて、
なんで青山で座長…?と思いながら出かけたんだけど…

安田君すみませんでした。
大劇場の座長にふさわしい素晴らしい俳優さんでした!!!

とにかく、舞台に上がるすべての基本ができてて、しかも自然体。
見る側としても何か構えなくてもすっと入っていけて、いつの間にか感情を揺さぶられている。

なかなかできないよこういうの…

本当に感動しました。
安田君をテレビでもどんどん活躍させてほしいです。


風間さんは…
長野君の舞台を見た時から思っていたのですが…
「脇に徹する」ことを課していますね。

もったいない。

たしかに、風間さんが本気オーラを出したら、観客を持ってっちゃうのはわかります。
でも
ファンは風間さんの本気オーラを見たいです。
「脇」にいながら本気オーラを出す方法を探してほしいです。
もったいなすぎます。
引くだけじゃない、引きながら押す。そこまで行ってほしい。
風間さんなら行けるはず。

そんなことを言って

ほんとーは

風間さんの本気オーラ200%を堪能できる主演舞台を見たいです!!
事務所の方、よろしくお願いします。
そろそろ…いいじゃないですか!!!



そして
「演舞城」

タッキーはなぜタッキーなの…?

あまりのかっこよさに倒れる。

ほんと完成されてます。美しいです。


第一部の完成度はもう、文句のつけようがないです。
流れるようなスピーディな展開。
これまでの内容を踏まえさらに発展させた演目。

特に、今回追加されたマスクから太鼓への流れがすごく良くて
感動しました。
マスクのところ、ちょっと浮いていたので気になっていたのですが、
こういう流れで来るか!と、演出にびっくり。
水太鼓?がすごくきれいで涙が出そうでした。

あと、滝沢歌舞伎はさらに磨きがかかって、
ジュニアコーナーのMADの掛け合いも凄くイイし
タッキーの女形は、もうただうっとり眺めて、頭空っぽになれました。
まー
純粋に美しいタッキーの顔を見たいという点からすると
白塗りに不満がある人もいるかもしれないけど
あの女形芸は、他の人にはできないです。
すばらしいです。タッキーの頑張りを堪能してほしいです。

とにかく、歌舞伎のいろいろな大技を随所に取り入れて
ドキドキ&楽しませてくれる演出に大満足の1部でした。

歌は2曲だけど、なぜか聴きごたえがありました。セレクトが良かったのかなあ…
振りが豪華なのかもしれないな…


そして第2部「義経」ですが
ほぼ去年と同じシナリオなのだけど、ところどころバージョンアップしてて
とてもわかりやすくなって個人的には良かったです。

結局歴史背景が気になるかどうかというのは、
シナリオ的に違和感があるかないかの差なんだなと思いました。


まず
富樫って去年はあんなに最初から出ていたイメージなかったんだけど、
河合君の存在感がUPしたからなのかなあ…とてもわかりやすくなりました。
最初からしっかり出しとくから安宅関が生きてくるんだよね。説得力ありました


北山君の悪役はいいよ~
第1部でも悪役やってたけど、3年前「オイ、ミツ!!」なんてチンピラっぽく風間さんに
呼びつけられていたのが嘘みたい。迫力あってよかったです。
梶原だったのか…wというのはまあ義経物としては王道ですね。


藤ヶ谷君は
…変わらないねw 最初から完成していたと言えばそうなのかもしれないんだけど
どうしても、どうしても、時代劇としては腰が軽いのがすごく気になるの
そこだけ、どうにかしてもらえないかなあ…
タッキー義経様が腰が座っていてすごくどっしりして見えるから、並ぶとすごく気になるの
藤ヶ谷君の色気とか、アクションの巧みさはとってもいいと思うから重さだけ気を付けてほしいの
もし来年も弁慶なら是非そこをよろしく…!




トッツーね

三郎は1年目が薮様、2年目が風間さん
もうそこからして目が厳しくなっちゃうんだけど…

今年は

すっごおおおおおく良かったよ~!!!!

薮様とも風間さんとも違う、トッツーの三郎に、なってた!!!
そして、愛おしいキャラになってた!!!

ぶっちゃけ、第一部のトッツーの語りを聞いていて「あれ・・・なんかすごくよくなった」と思って
期待してたの
期待通り。いや、期待以上!

たぶん
しゃべり方を変えたのがよくなった一因だと思うのね。
一緒に入った友人は「間」とも言ってたけど、
ひとことひとことを大事にしゃべってたから、三郎のキャラがすごく伝わってきた。
トッツーの三郎のね。

去年も書いたとおり、このシナリオのキーは三郎。
三郎の出来いかんで全体が左右されてしまう。
今年のトッツーは、「義経」を親しみやすく愛しい演目にしてくれました!


なんか、とても感激しました。
ABCもずいぶん長い間見てきたし…。
トッツー花開いた!!って感じました。

こういう瞬間があるから、ジュニア道はやめられないね。
トッツーもっと輝いて下さいね。


あと・・・
毎年苦言をここに書いてきた殺陣。

今年は見ごたえがありました。全体的にまとまりと勢い、そして重さが出てきました。
義経の手ごわい敵になってました。
特にMAD、すごくすごく良かったです。

ただ、もうひと押しできるといいかな…とも思います。
そのひと押しが演舞城ならではの殺陣になるんじゃないかなと。
なんとなくそのヒントは忠臣蔵でやった殺陣のような気がします。

せっかく「ジャニーズの時代劇」なわけだから、そこに何かオリジナルが出せそうな気がするのです。
タッキー!来年はその辺り期待しています!!

・・・そうそう、タッキーの映像もよかったです。怖さ倍増でした…




いろんな舞台を見ました。
どれも素晴らしいエンターテイメントでした。

舞台を見ている間は
頭が空っぽになり
ただ素直に感情を受け止めることだけになります
そして何かがリセットされます

たくさんリセットされました
素晴らしい感動をありがとうジャニーさん!
そして
そろそろ薮様も舞台で見たいですっ!!
[PR]
by kuremaru | 2009-04-15 02:08 | ジャニーズ