☆漫画家西川かおりのシュミのブログです☆


by kuremaru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
ええー・・・間も間もあきました。なんと一年ぶりですw
そしてなんでまたこのブログに書いてるかって言うと、もう過去の書き込みを見れば一目瞭然

滝沢演舞城 → 滝沢歌舞伎

の季節なのであります ^ ^ !


どんだけ滝沢演舞城が好きなんだかw
そして感想を書いて留めておきたいんだかww
自分に笑っちゃいます。


とりあえず…ここ一年なんですが、
ジャニ観劇をお休みしていたわけでなく、
薮様のコンサートやらドラマやら舞台やら…もう心から楽しみまくっていました ^ ^
ほんとに主演舞台が来た時には、うれしくって…!もう何回クリエに通ってしまったことやら!

ただまあ薮様に関しては感想がすごい細々していたのでミクのほうでだらっと書いていて、
こっちのブログに移す気になれずに放置になっちゃっていました…
もし以前から見ていて下さった方がいらしたらごめんなさい。

とりあえず…薮様の涙を境に、JUMPを応援する気持ちが固まりました。
また薮様に関してもこっちに書くこともあるかもしれませんが、わかりません。


ともかく
「滝沢歌舞伎」ということで、より多くの方に感想を見ていただけたらと、
久しぶりにブログの方に書こうと思いました。
まだ序盤なので、見ていらっしゃらない方はあまり読まないほうがいいかもしれません。

正直 愛と辛口☆な感じであります。…上から目線??? タッキーすみません><

それでもよろしい方のみ、お読みください。





今回「滝沢歌舞伎」という案内が来た時、
何が怖かったかというと、本当に「歌舞伎」の演目だけを残して、
オープニングや、全体が変わってしまうのかもしれないということでした。

そのためなかなか申し込む気持ちになれず、最後まで迷ってしまいました。
結局
一回分だけチケットを入手しましたが


…もっと確保するんだった ! ! ! 子 供 の 分 も ! ! !

というのが第一の感想です。
ほんと、その点は大失敗でした…。

幕が開いてみたら、オープニングはいつもの「ヨーイヤサー!」で
引き続いての「諸行無常~♪」
もうね
一気に滝沢演舞城の世界へGO!!

これまでの毎年の出演者の面々が頭に浮かびつつ、
今年の出演者の素晴らしいパフォーマンスに圧倒されます。
とにかく
同じ曲を毎年やっているため、進化ぶりが一目瞭然です。
どんどん迫力が増して行っています!

このあたりの衣装もすごく好きなんだよね~くるっとまわるっとビシヒラッ!って感じで!



自分の子供が今ダンスを習ってるんだけど
そのきっかけは
滝沢演舞城の初年を見て、
歌とダンスとパフォーマンスが怒涛のように押し寄せる第一部に感動して
「ダンスっていいなぁ!!!」って心から思ったことからなので、
滝沢歌舞伎になって
さらにその「ダンス」が強化されたのは、個人的にうれしかった。
(子供を連れてきて見せたかった~!!!絶対感動したはず!!!)


ともかく
屋良君が入ったというのは舞台の格をぐぐぐっと上げた感じで、
タッキーももちろんそうなんだけど
一流のパフォーマーはその人一人で舞台の上の世界を変えるんだなと思いました。

これまでのタッキーだけに視線が集中する作りも良かったんだけど
屋良君というタッキーと同じレベルに立てる演者が入ることによって
より表現できる物も多くなったし、見ていて安定感が出て、
タッキーの持ち味もさらに生かされたという印象でした。

タッキーはパンフレットでは「和と洋」を屋良君に加わってもらうことで表現したかったようだけど
自分には
「和と洋」だけでなく

「女と男」

「静と動」

というイメージが浮かびました。

まあ全体的には男祭りなんだけどwww
その分、
女形のパートがものすごく引き立っていました。

演目も
これまでの歴史を踏まえて、グググッと内容を絞った感じで、
とてもスピーディで見応えがありました。

印象的だったのはやっぱり太鼓かな…
昨年よりもより数を増やして、
圧倒的な迫力。
そして、和太鼓なのにダンスを感じさせられました。
ほんっと感動!

殺陣も太鼓もそうだけど

「和」という独特の世界を、美しく・力強く表現するには
腰から下を固めて、上半身の型を大人数で「決め」ることが必要だとずっと思っていたのですが

今回の滝沢歌舞伎に関しては
全くその点で足りないなって思わされるところはなく、
若いジュニア君たちも含めて全員が「和」を表現できていて、
殺陣でも、太鼓でも素晴らしい集約と拡散が場面ごとに展開されて
実に感動的でした。


殺陣については毎年注目&期待していたんだけど、
今年ついに、一つの完成を見た!というのが感想です。
ただ…
屋良君が入ったことがとても大きい…

もし仮に来年屋良君が外れたとして、それでも今回の内容を再現できたら
滝沢一座の殺陣は完成したといっていいと思う。

ABC、MADの年長組の完成度も素晴らしく、今それぞれの味も出始めているので
今年最後までやり遂げることによってより進化することを期待します。

個人的に
殺陣で目に留まったのはトッツーです。
かわいらしい顔してるし、品があるから殺陣ってあわなそうでしょ…
それなのに
一番腰が決まってて、上半身もきれいでした。
なんか、トッツーの殺陣の世界があるんだよ…
正直びっくりしました。

大人数の演舞だとほんとみんな埋もれてしまうので、そのなかでぴかっと光るってすごいなと思いました。

河合君も良かったです。
髪型が一人ウエービーだから目立ってる…というわけではなく、オーラがありました。
他にもたくさん活躍の場面があって個人的にうれしかったです ^ ^

塚ちゃんは
2部の死に芸がよかった!ぐっときたよ!!!

五関さんは
2部の殺陣で最後まで生き残っててくれたので、たっぷり堪能させてもらいました ^ ^



ABCは初年からの参加で…
セリフがほとんどない状況から毎年だんだん活躍の場が広がっていく様子や、
今年は薮様舞台で頑張っているのも目の当たりにしたので、
本当に思い入れが…

思わずこみ上げる…るるる~

すごいよABC!もっと進化して!!!クリエいけないけど応援しています!!!
ハッシー!兄さんたちに負けないで頑張れ!!!


横道にそれました。

ここから若干辛口です。


ともかく、第1部に関してはなんの文句のつけようもありません。
実にすばらしかったです。
もう、タッキーの繰り出す怒涛のプログラムに「うわっ」「かっちょええ」「きれい…」「うっはぁ」
など
ビックリと感動の嵐でした。



第2部…


スミマセンタッキー…

第2部のお話が
よく
わかりませんでした…orz

ぶっちゃけ
歴史勉強してますけど
あまりに平将門の一般的な話とかけ離れていて
もしかして
何か古典芸能で原作的なものがあるのかなとは思うのですが
ついていかれませんでした…


将門が何をしたいのか?何を目指しているのか?
どこからが味方で
どこからが敵なのか?

平将門はどこにいて何やってるの?

藤原秀郷は武士でしょー!?何故こんなバリバリ貴族に…とか

たくさん?が点灯したままでした…


ちょっと観念的すぎます。
舞台…だからいいのかもしれないのだけど
物語の脈絡が気になる職種なので、
もう少し
将門の置かれた立場とか、何をしたい人なのか、そして何ができなかったのか
などを
しつこいぐらいセリフで足した方が
伝わるかなと思いました。

場面ごとには
泣かせるシーンもあるし
なんといっても
タッキーが出てくるとそういう脈絡なんてどうでもいい気分になってしまうのも事実なんですが
せっかく
あの感動的なラストシーンを準備しているのだから
そこに
観客の気持ちも一緒に持っていってほしい感じがしました。



あの短い時間で
歴史物をやるというのは
本当にハードルが高いと思います。

義経にくらべて、物語内の時間経過を少なくしているのは正解だと思います。
でもその分
観客の気持ちを作るための情報を
セリフなどで確実に伝えておく必要があるのではないでしょうか。
少なくとも義経はタッキーファンにはなじみがあり、多少の説明を飛ばしてもついていかれますが
今回は新キャラです。

この「将門」を通して
観客に何を感じてほしいのか、最終的にどんな思いを抱えて劇場から帰ってほしいのか、
それに的を絞ったセリフを
少しだけ足してもらえたらと思いました。


ただほんと
タッキーのチャレンジには本当にすごいなって頭が下がります。
義経を続けたってみんな見に行ったのに…
現状に甘んじることなく次へ…。
しかも、より観客にとってなじみの薄い古い時代へのチャレンジ。
戦国ものとかだったらもっとみんな気軽に見たでしょう。
将門というセレクトにしびれました。

…お参りにだけは行って下さい。もう一回。いや、何回でも。


最後まで滝沢一座がケガなく、より素晴らしい舞台を作って下さるよう祈ります。
タッキー頑張って下さい ^ ^!


・・・次の書き込みも一年後なのだろうか・・・それは神のみぞ知る…w
[PR]
# by kuremaru | 2010-04-09 13:14 | ジャニーズ

またもや久し振り…

またまた間が空いてしまいました。
そして過去を振り返ると一目瞭然…

演舞城に行くと必ず更新している…w
どんだけ城ファンなのか?と


というわけでここ数カ月のいろいろ観劇記!

まずはもちろん
「ロミオとジュリエット」

翔央がメインの一人で出るんだもん。超ワクワクしながら見に行きました。
意外と一般でチケットが取りにくかったようですが、
平日狙いで電話したら子どもも含め4枚普通に取れました。
でも
恐怖の最後列…w

でもでも
ビバ☆グローブ座!3階で見るのはじめてだったんですけど超良く見えました。

で、感想は
とにかく
翔央が色気があって…ドキドキでした。
紫色の衣装がすごく似合ってて、度肝を抜かれました。
あと身体能力にびっくりしました。

長年見てきたけど、最近とみに思うのは
翔央の売りは吸収力と身体能力だなってこと。

たぶん、練習?というか稽古?で、いろんなことをどんどん吸収しているんだと思う。
見るたび新しいことに挑戦してて、なおかつ、プロとして恥ずかしくない仕事になってる。
ロミジュリでは
目立つところでは「自分とは違う役」「フェンシングアクション」
地味なところでは格式高い舞台にふさわしい「立ち」「止め」「発声」に挑戦してた。

これらを支えているのが、身体能力の高さで、
とにかく舞台に上がっているときの姿勢の美しさ、見得でのポージング、アクション、
どれも素晴らしかった。
発声は私が見たのが中盤までだったから物足りないものもあったけど、
公演の終わりの方できっと進歩していただろうと信じたい。

とにかく、
翔央については、見るたびほんと芸の引き出しがどんどん増えて行くので
感動する。
さらにいろんなチャレンジの場を与えてほしいし、ずっと見ていきたい。
近い将来何人かの中の一人じゃなくて、山下翔央という個人で売れる子になると思う。



お次は「カゴツルベ」
風間さん目当てに見に行きました!

安田君がこんなにすごいとはまったくノーマークで、びっくり…!!

正直…号泣の嵐。


安田君については、カンジャニに疎い私は
「いつもニコニコしているかわいい子」という印象しかなくて、
なんで青山で座長…?と思いながら出かけたんだけど…

安田君すみませんでした。
大劇場の座長にふさわしい素晴らしい俳優さんでした!!!

とにかく、舞台に上がるすべての基本ができてて、しかも自然体。
見る側としても何か構えなくてもすっと入っていけて、いつの間にか感情を揺さぶられている。

なかなかできないよこういうの…

本当に感動しました。
安田君をテレビでもどんどん活躍させてほしいです。


風間さんは…
長野君の舞台を見た時から思っていたのですが…
「脇に徹する」ことを課していますね。

もったいない。

たしかに、風間さんが本気オーラを出したら、観客を持ってっちゃうのはわかります。
でも
ファンは風間さんの本気オーラを見たいです。
「脇」にいながら本気オーラを出す方法を探してほしいです。
もったいなすぎます。
引くだけじゃない、引きながら押す。そこまで行ってほしい。
風間さんなら行けるはず。

そんなことを言って

ほんとーは

風間さんの本気オーラ200%を堪能できる主演舞台を見たいです!!
事務所の方、よろしくお願いします。
そろそろ…いいじゃないですか!!!



そして
「演舞城」

タッキーはなぜタッキーなの…?

あまりのかっこよさに倒れる。

ほんと完成されてます。美しいです。


第一部の完成度はもう、文句のつけようがないです。
流れるようなスピーディな展開。
これまでの内容を踏まえさらに発展させた演目。

特に、今回追加されたマスクから太鼓への流れがすごく良くて
感動しました。
マスクのところ、ちょっと浮いていたので気になっていたのですが、
こういう流れで来るか!と、演出にびっくり。
水太鼓?がすごくきれいで涙が出そうでした。

あと、滝沢歌舞伎はさらに磨きがかかって、
ジュニアコーナーのMADの掛け合いも凄くイイし
タッキーの女形は、もうただうっとり眺めて、頭空っぽになれました。
まー
純粋に美しいタッキーの顔を見たいという点からすると
白塗りに不満がある人もいるかもしれないけど
あの女形芸は、他の人にはできないです。
すばらしいです。タッキーの頑張りを堪能してほしいです。

とにかく、歌舞伎のいろいろな大技を随所に取り入れて
ドキドキ&楽しませてくれる演出に大満足の1部でした。

歌は2曲だけど、なぜか聴きごたえがありました。セレクトが良かったのかなあ…
振りが豪華なのかもしれないな…


そして第2部「義経」ですが
ほぼ去年と同じシナリオなのだけど、ところどころバージョンアップしてて
とてもわかりやすくなって個人的には良かったです。

結局歴史背景が気になるかどうかというのは、
シナリオ的に違和感があるかないかの差なんだなと思いました。


まず
富樫って去年はあんなに最初から出ていたイメージなかったんだけど、
河合君の存在感がUPしたからなのかなあ…とてもわかりやすくなりました。
最初からしっかり出しとくから安宅関が生きてくるんだよね。説得力ありました


北山君の悪役はいいよ~
第1部でも悪役やってたけど、3年前「オイ、ミツ!!」なんてチンピラっぽく風間さんに
呼びつけられていたのが嘘みたい。迫力あってよかったです。
梶原だったのか…wというのはまあ義経物としては王道ですね。


藤ヶ谷君は
…変わらないねw 最初から完成していたと言えばそうなのかもしれないんだけど
どうしても、どうしても、時代劇としては腰が軽いのがすごく気になるの
そこだけ、どうにかしてもらえないかなあ…
タッキー義経様が腰が座っていてすごくどっしりして見えるから、並ぶとすごく気になるの
藤ヶ谷君の色気とか、アクションの巧みさはとってもいいと思うから重さだけ気を付けてほしいの
もし来年も弁慶なら是非そこをよろしく…!




トッツーね

三郎は1年目が薮様、2年目が風間さん
もうそこからして目が厳しくなっちゃうんだけど…

今年は

すっごおおおおおく良かったよ~!!!!

薮様とも風間さんとも違う、トッツーの三郎に、なってた!!!
そして、愛おしいキャラになってた!!!

ぶっちゃけ、第一部のトッツーの語りを聞いていて「あれ・・・なんかすごくよくなった」と思って
期待してたの
期待通り。いや、期待以上!

たぶん
しゃべり方を変えたのがよくなった一因だと思うのね。
一緒に入った友人は「間」とも言ってたけど、
ひとことひとことを大事にしゃべってたから、三郎のキャラがすごく伝わってきた。
トッツーの三郎のね。

去年も書いたとおり、このシナリオのキーは三郎。
三郎の出来いかんで全体が左右されてしまう。
今年のトッツーは、「義経」を親しみやすく愛しい演目にしてくれました!


なんか、とても感激しました。
ABCもずいぶん長い間見てきたし…。
トッツー花開いた!!って感じました。

こういう瞬間があるから、ジュニア道はやめられないね。
トッツーもっと輝いて下さいね。


あと・・・
毎年苦言をここに書いてきた殺陣。

今年は見ごたえがありました。全体的にまとまりと勢い、そして重さが出てきました。
義経の手ごわい敵になってました。
特にMAD、すごくすごく良かったです。

ただ、もうひと押しできるといいかな…とも思います。
そのひと押しが演舞城ならではの殺陣になるんじゃないかなと。
なんとなくそのヒントは忠臣蔵でやった殺陣のような気がします。

せっかく「ジャニーズの時代劇」なわけだから、そこに何かオリジナルが出せそうな気がするのです。
タッキー!来年はその辺り期待しています!!

・・・そうそう、タッキーの映像もよかったです。怖さ倍増でした…




いろんな舞台を見ました。
どれも素晴らしいエンターテイメントでした。

舞台を見ている間は
頭が空っぽになり
ただ素直に感情を受け止めることだけになります
そして何かがリセットされます

たくさんリセットされました
素晴らしい感動をありがとうジャニーさん!
そして
そろそろ薮様も舞台で見たいですっ!!
[PR]
# by kuremaru | 2009-04-15 02:08 | ジャニーズ

あけまして

うお!だいぶ前の書き込みから月日が流れました。

今日ヘイセイコンに行ってきたのですけど、確かに気付いてみれば
薮様のご尊顔を拝悦するのはサマリー以来でした!!!(何か月ぶりだ!!!)

しかし

あまりに

あまりに

いそがしくて

なんか

その間の記憶が

すごい勢いで

あ や ふ や …




とりあえず、11月には
そろそろオンエアされるであろう
「TU→YU」の公開CM撮影に参加しました。

自分は金八先生の風間氏をきっかけに深いジャニーズ道(というかジュニア道?)に入ったので
ものすごい
ものすごい
幸せな瞬間でした!!!


というのも、風間氏は前触れなくコンサートに出演しなくなってしまったため、
応援したかったのにできなかったという心残りがずうっとあったのです…。

撮影会では
心おきなく「風間ー!!!」と叫びまくり、
思えば
風間をコンサートで見ていた頃は勇気がなくてコールなんてできなかったなあなんて
ここ数年の自分のジャニ道を振り返りつつ、
歳を忘れて(いつもか)はしゃいできました。

きつねさん・・・素敵な場を本当にありがとうございました。
友よ…素晴らしいくじ運をありがとう。
ずっとYa-Ya-yahの曲を着メロに愛用していましたが、
いまは電話だけTU→YUにしています。


そしてその一ヶ月後ぐらいに
今度は
「フライパンと拳銃」を見てきました。
これまた
風間さんです。

どんだけ風間ニアなんだって感じですがw

本当に楽しい舞台で、あと、いつも気張り気味の風間さんが
リラックスして演じてたのがすごい印象的でした。

次の舞台も楽しみだあ~!
本当に「俳優・風間俊介」のファンです。



そんで
今日は
ヘイセイジャンプコンです。

ついに今回息子はコンサートに来ませんでした。
薮様に最初のお手振りをもらったきっかけは息子でした。
今でも薮様の髪形をまねしている息子です。
でも
冬期講習に行きました。

いろんなことをチャレンジさせました。
コンサートや舞台に連れて行っていたのもその一環ですが、
どうやら彼は自分の進む道をちゃんと考えているようです。
まあ
塾とかぶってなければ舞台には行きたいらしいんで

薮様に舞台が来ますように・・・。



しかし・・・
子連れだから薮様や翔央にやさしくしてもらえたものとばかり
これまで思っていたのですが

どうも

そうでもないらしい

ということもわかった今回のコンサートでした。


アラフォーにもやさしい薮様光様。
びっくりしたけれどとても楽しかったです。

「愛しのプレイガール」も「勇気100%」も心に響きました。
ずっと二人で大事に歌っていってほしいです。
[PR]
# by kuremaru | 2009-01-06 00:12 | ジャニーズ
またもや2か月たっています。

あれからめっちゃ気力がなえる出来事が
いろいろあり
どれかっつーと更年期??って感じで体調がずーっと悪いです。

でもまあ、もうまじで更年期だとすると、10年近く抜けないそうなので、
もうネクラになっていてもしょうがない気分もあり、
まあ普段はほんと性格暗いんですけど、
販促のために、ブログを新しくしました。

現在西HOMEからはこっちはつないでいないのですが、
ともかく
このブログは長くやっているのと、
あまりに新しいブログが、「モッコリ系」に特化してしまったので
(当初はそんな気はなかったのだけど…orz)
こっちはこっちで
おもにジャニネタメインで、ときどき書いていきたいと思います。
とはいえ。ジャニネタはミクにもかいてしまっているんだけど。
まあいいか。


えーっと
8月はサマリー行ってきました。

ともかく。
薮様はクールなたち振る舞いにあったかいハートが見え隠れしていつも麗しく、
光は素直で表情豊かでとにかくかわいくて愛おしく、
翔央はその存在が勇気をくれる存在…
って感じでした。
立場は少し違っても、同じ舞台にいる3人を見れて(もう見られないと思っていたので)
幸せでした。


本当にねえ…見るたび翔央の多芸さにはびっくりするんだよね…
絶対、彼を手放したら事務所の大損失だと思います。
近い将来、風間、斗真と並びうる逸材です。
まだまだ場を与えてほしいです。
そして、翔央本人には焦らずに機を狙ってほしい。
絶対それは来るから。


と、最近つい翔央に熱くなってしまうのですが、
本命は薮様でございます。

なんだろうなあ…翔央は応援したくなる存在で
薮様は…薮様仏様。後光が差してる存在ってかんじ?

不思議とこれまでも、毎年夏に薮様と忘れ難い思い出が生まれていたのですが
もうこんなとこはないだろうと毎回思いつつ、
今回もまた、ミラクルが発生しました。

うーん…アラフォーだから目立つのかな・・・><
詳細は割愛いたしますが
薮様ありがとうございました。ほんと。ありがとうございました。


次はいつ会えるのかな…と楽しみに、HHSとか百識王見てます。


1月のタッキーの舞台とかでるのかな?ワクワク☆と思ったら
すでにエビキスが確定ということで、
薮光翔央はないのかなあ…

タッキーの構想にはもうエビキスしかないのかなあ…
ちょっと残念・・・。

・・・てゆうか、来年演舞城はどうなるんだろう!?


なんていろいろモヤモヤ考える秋なのでした。


ちなみに
エビキスコンも、見てきましたよ☆
パフォーマンスのレベルがやっぱりものすごく高くて、見ごたえがあり
薮様も翔央もいないけど、すごい楽しめました。

アイドルといえども、
やっぱりかわいらしさとかかっこよさを支える、本当の「芸」があると
ちがうなあとしみじみ感じました。

あと千年のラブソングとか、禁じ手もバンバン打ってくるし。
月の道とか、もうもらい泣きしそうになっちゃったよ~><

結局、
Yaを中心にではあるけれど、ずっとその周りのジュニアたちも含めて
これまで見てきたので、
感慨深いものがありました。

エビキスも今後何があるか分からないけれど、
今を精いっぱいに頑張ってほしいです。
ファンの皆さんも、いつ何が起こるか分からないから
精いっぱい応援してあげてください。
[PR]
# by kuremaru | 2008-10-12 00:06 | ジャニーズ

まっしろです

一個前の書き込みからまた間がドーンとあいてしまいました。

なんというか
ギャグ漫画とか描いてると

人間壊れやすい


都市伝説のように言われていますが
なんかそれがしみじみ感じられる今日この頃です


なんとか5月までは持ちこたえていたんです

「これが終わったら薮様を見に行くんだ」とか
「今頃翔央や風間くんは稽古を頑張ってるんだろうな」とか

楽しい時間を気持ちよく迎えるために
なんとか
それを励みに
白いワニと格闘して原稿を描いていました


でも
ヘイセイジャンプコンに行って
フルハウス見に行って
翔央の演技にすごく感動して
泣いて



なんかGWが終わったら
心の中も
頭の中も
空洞
になってしまいました


最近連載ペースが遅くなっているのは
その辺のせいです

月にたった18Pなのにね…


楽しみにして下さってる方が
ここを見て下さっているかわかりませんが
本当に申し訳ありません


最初はランキングとか見て喜ぶ気持ちもあったのですが
最近は何位に入っても頑張る気力がわいてきません…

何を言われても全く自信がないです

漫画に限らず
いろんなことを
義仲のこととかも
一生懸命やっていたのですけど
何をやっても雲をつかむようで
虚しいです


夏コミも受かってますが
何か用意できる自信がありません

スミマセン




とりあえず
サマリーには行くので
萌えとともに元気が湧いてくるといいのですが

今はまだまっしろです

スミマセン
[PR]
# by kuremaru | 2008-08-08 02:25 | 漫画家